2007年06月07日

悲しみをリセット

…と、いうわけで家庭用ゲームのお話を。
私は、自分で家庭用ゲームはほとんどやらず友人知人のプレイをじーっと眺めることが多いのですがそんな「眺めプレイ」で好きな作品を。

・「大神」(PS2)
数年前にファミ通で特集を組まれていた時激しく気になったゲームです。RPGかと思ったらジャンルはアドベンチャーだそうで。
日本神話や御伽噺をベースにした世界観で、プレイヤーは主人公である、狼の姿をかたどった神様「アマテラス」として妖怪退治や難問の解決に挑みます。
とにかく絵と音楽が素敵です!全体的に水墨画調で、キャラノ喋る台詞は今の日本人が使っている「日本語」とは違う「もにょもにょふにゃふにゃ」という風に聞こえる、その国で通じる言語。
「風のクロノア」の「クロノア語」のような。
先日、これのクライマックスを見たのですがラスボスとの戦い前の導入部分で…

号泣しました…。

ネタばれになるので詳しくは書けませんが、このゲームはオープニングでも涙腺が緩みます。廉価版もありますのでお勧めです。
エンディングで流れる平原綾香さんの主題歌でも涙腺が緩みます。

しかし、一番涙腺が緩むのはこのゲームの制作チームが今はもう解散してるとのこと…。

・「逆転裁判」シリーズ(GBA/DS)
「異議あり!」のセリフでお馴染みの法廷バトル。
キャラのネーミングセンスや事件の背景等が色々とぶっ飛んでいますが(褒め言葉)第一印象よりかなり重くて深いゲームでした。
ポイントはこのゲームの時代設定が「現在」よりも10年程後の近未来であるらしい、ということ。
現実の裁判制度と大きくかけ離れてる点も多いのですが、それがかえって考えさせられるのです。
今の法廷制度、そしてこのゲームでの法廷制度のメリット、デメリット…「本当にこれでいいの?」が詰め込まれてます。

…とまあ、難しく考えたくなるのですがこのゲームかなり面白いです!「トノサマン」…実際に誰か作らないかな…。
posted by エドワード(仮) at 20:03| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。