2007年04月18日

これくらいのこと、できなくてどうします?

先日、仕事終わりにとある書店へ向かいました。
今回の目的は「ARIA」の最新巻。

色々と雑誌を立ち読みしながら目的の「ARIA」を購入!この時点で閉店間際の23:45。(はた迷惑な客だ…)
「よーし、堪能するぞ♪」とホクホク顔で車に向かった瞬間…私の頭によぎったあること。

「もしかしたら…あるかもしれない!」

この時閉店間際の23:50。買ったばかりの袋を抱えたまま猛ダッシュで単行本コーナーに向かうはた迷惑な客(私)。

『…あったー!(心の中)』
そう…アレを見つけたのでした。

しばらく捜索の旅を中断していた「黒執事」!
重版出来され平積みされていました。


以下、感想(訳:読み飛ばしてOK)

ARIA、やはりすごく良かったです。絵もストーリーも空気も澄んでいて…。とある店員さんは地球猫社長で喜んでいるようでしたが(笑)

黒執事…やはり大きいお姉さん向けのようです。
絵も綺麗で、ギャグをやりながらミステリー。
ご主人様は眼帯の少年!そして最強の執事…。
実は最強なのは何事にも動じていない家令の「タナカ」さんかもしれない、と思うのは私だけでしょうか…?
posted by エドワード(仮) at 19:51| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。