2008年09月22日

「仲間」と言う名の家族

遅ればせながら、最近「炎神戦隊ゴーオンジャー」にもじわじわとはまっているエドワード(仮)です。

昨年の戦隊が割と格闘色強めでライバルとの共闘もありの熱血タイプ(?)でしたが、今年はコメディ色強め。
メンバーの女装あり(中性的な顔立ちで更に違和感なし)、刑事ドラマのパロディあり、敵側と戦隊側のヒロインでアイドルユニットを組んだりと色々やりすぎています。

気になりだしたのは学生時代大好きだったアニメの主題歌を歌われていた方が、追加メンバー(所謂「六人目の戦士」)として出演されているからだと言うのは内緒です。


チームが一つの「家族」に見えるのって好きなんです。
ファイブマンとかゴーゴーファイブとかマジレンジャーとかの設定は「本当の家族」ですが、そんなアットホームな雰囲気の「家族以上の家族」の繋がり。
未だに大好きな「電王」もデンライナー(とゼロライナー)はまるで大家族。
いつもはしゃいだりふざけあったり、喧嘩もして仲直りして…。
ヒーローはいつも色んなことを教えてくれました。

多分、子どもにだけでなく「大人」になった人たちにも。
私は年齢的にはすっかり「いい大人」ですがまだまだこどもです。
多分、これからもヒーローに夢中になってます。

…真面目にまとめようとするとやっぱりしっくりきません。
もうちょっとリハビリは必要のようです。
posted by エドワード(仮) at 10:34| Comment(0) | 電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。