2007年06月19日

映画観てきました。

今日、仕事の一環で映画「眉山」を観てまいりました。
タイトルは万葉集の時代から知られているという徳島の有名な山。
さだまさしさん原作の小説の映画化ということで私の住んでいるところではかなり話題になっておりました。

というわけで簡単なレビューもどきを。
・予告編の「西遊記」が気になった…。
・「眉山」と同じく徳島が舞台の「阿波DANCE」はどれくらい話題になるか…。
・オープニングがシンプルで綺麗。
・主役の女性の働く姿がかっこいい。
・大まかなストーリーは「しばらく連絡を取っていなかった母が入院。帰省した先で待ち受けていた衝撃の事実!」
・お母さんもかっこよかった。
・病院でのシーンは色んな所に目がいって困った。
・「あ、あの点滴、風邪の時の…」とか。
・「あ、あの器具あんな形もあるんだ」とか。
・ちょっとしたロマンスまでの展開が「ロミオとジュリエット」並みに早いような…。
・一番の見せ場はやはり阿波踊り。
・さすが、本番後に撮影しただけあります。すごい迫力でした。(実際は演舞場を2ヶ月間ほどそのまま残し撮影を続けていたそうです)
・お姉さん、総踊りの時にそんなとこで立ち止まってたら危ないよ!
・実際に立ちっぱなしだと怒られると思います。
・クライマックス、通っていた大学が一瞬映った!

…と、色々余計な突込みをしながら観ていたのですが前述の通りクライマックスの阿波踊りのシーンは素晴らしかったです。
映画全体もとても良い映画でした。
posted by エドワード(仮) at 23:57| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。